日本の政党もパーテーションレンタルレベルの垣根に

アメリカの政党は、日本の云う政党とはだいぶニュアンスが違うと聞きました。
日本の政党というと主義主張の合致するものが同じ政党となり政治を行いますが、
アメリカでいう政党は、地域別レベルの区別程度の意味しかないということです。
なるほど、さすが個人主義で自由な国な考えだと思いましたし、
日本の悪しき時代遅れの習慣ともいうべき年功序列政治は行われないと思えいいですよね。
年配の人の話はしっかり聞け、と昔教わりましたが、
一般人の感覚を失っている二世政治家とかに一般人の為の政治ができる訳ないと常々思い、
本当に耳を傾ける価値があるのか悩みます。
日本の政党もパーテーションレンタルレベルの垣根になりませんかね。

日本の政党もパーテーションレンタルレベルの垣根に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です